マウィミウオの世界

間鵜井美魚の生活雑記録

毎年悩むのが、これ

一年に一度くらいは押し入れを片付けたい。毎年大量にどうでもいいものを捨てる年末。この家に住んで早、15年。来年は16年になる。その長い年月の間、毎回美魚を悩ませるのが、こいつらである。
恐怖コミック。かつて少女時代に病しい気分を味わった懐かしいひばり、レモンシリーズが捨てられない。お正月に一気読みしてまた仕舞い込むだけなんだよな。捨てる気、ないな。f:id:mauymiuo:20191229110408j:plain

年の瀬を感じるもの

f:id:mauymiuo:20191211181437j:plain
腕時計の電池をその場で交換してくれるのは助かる。駅前の商店街にある宝石、時計店が美魚御用達である。厄介なのは、午後2時まで社長が来ないとかで、思いたった時に行けないことくらいだ。さらに臨時休業も多い。シャッターに手書きで
[社長都合により一月お休みします]
などと張り紙があったりすることもある。
三ヶ月ぶりにまたそこを訪れると、社長が不在。2時はとっくに回っている。すると、いつも無愛想なおばさん(社長の妻と思われる)が、「社長より時間かかるけどやってみるわー」
とこころよく引き受けてくださる。
なんだ、出来るなら前からやってくれたらいいのに。
社長は旅にでも出ていて、奥さん1人で店番しているんだろうか、もしくはお亡くなりになったのか。
などと考えながら待つこと20分。
無事にまた時計は動き出したことである。
帰り際に
「カレンダーいる?最近もらってくれる人いないのよ」
と、筒状に巻かれたカレンダーを頂いた。
美魚はカレンダー欲しさに福祉ヤクルトを毎年買っている位だし、もちろん喜んで受け取った。

家で開けて更に嬉しい。
こんなカレンダー、今時絶対もらえないから。
30年は使い回してそう!

いつの間にか消えて行く

f:id:mauymiuo:20190926101324j:plain
最寄り駅が始発化したお陰か、美魚の家の周辺ではおびただしく建て売りが建築されるようになった。
倉庫や、畑は軒並み一戸建てに変貌してゆく。
美魚の住む一角だけが、新築分譲に囲まれて、昭和の面影を残している。
それに、周りの昭和家屋も徐々に外装リフォームが施され、この家だけ目立っておんぼろである。
思えば築39年の家に、もう15年も住んでいる。この15年の間に私道を挟んだ三軒で3人ひっそり亡くなっていたらしい。15年は長い時間なのだと実感する。
いつも話しかけてくる二軒隣のおばあさんに、思いきって
旦那さん、入院されたんですか、お見かけしませんけど…と尋ねてみたら、
「去年の暮れに死んだんですよ」
と教えてくださった。
向かいの家のおっさんは急に全然見かけなくなり、二軒隣のお爺さんはなんとなく見ないなあ、と思っていたら、やはり亡くなっていた。
離れた角のお宅のおっさんは、普段から見かけなかったので、気にならなかった。
町会を脱会すると、向かいの家のおっさんが死んでも気づかない。それに、奧さんとたまに顔を合わせても、
「うちの旦那死んだんですよ」
なんて、切り出してこない。リフォームの施工主が奧さんになっていたので、ついでにそれもおばあさんに聞いたら随分まえに突然亡くなったのだという。
おばあさんの言い方が興味深い。
「うちのねこちゃん私道で遊ばせてたら、こんなとこで遊ばせんな!って怒るのよー、あの旦那さん」
「そしたらねぇ、しばらくして二匹とも死んじゃったのよ」
「でね、またしばらくして、今度旦那さんも亡くなっちゃったの…」
猫の恨み説か。


ふと、通りの向かい側の建築中の物件に引っ越したらどんな気分だろう、と考える。住宅サイトで調べた所、価格は4980万であった。
高い…。

倦まず弛まず

f:id:mauymiuo:20190811085603j:plain
梅雨明けが遅れたせいだろうか、美魚の家のベランダでアシナガバチが巣作りをし始めた。
気づいた時は、巣の六角形が4つくらいだった。
やたらアシナガバチが飛んでくるなーとは、思っていた。
いつ頃完成するのだろう。どのくらいの規模で考えているのだろう。
暑さなど蜂は感じないのだろうか。器用に洗濯物を避けつつ飛んできて、せっせと作り続ける。そして向かいのアパートの屋根を越えて、また材料を取りに行く。お気に入りの泥か何かがあるんだろうか。それとも、咥えてくるのは芋虫団子で、幼虫を育てているのだろうか。始め一匹だった蜂が、今は四匹に増えている。みんな一族なのか。始めの一匹が卵を生んで、幼虫を育て、成虫になり、巣を拡張して、また卵を生むのだろうか。ここまで正味20日ほどである。
アシナガバチにとって巣は、寛ぐためでも団欒のためでもなく、ひたすらに子孫を増やすための物であるようだ。日々淡々と繰り返される拡張と繁栄。アシナガバチの暮らしをしてみたい気もする。何も考えなくて済むのは、神の愛を知っているからか。
始め巣を見た時は軽くショックを覚えたが、今は洗濯しながら観察するのが楽しい。別にいても構わないし。

魅惑の赤

f:id:mauymiuo:20190710193202j:plain漁太郎が貰ってきたシャネル。
マトラッセチェーンバッグ。赤。
本物の訳がなかろう。
ギャランティカードもなし、シリアルナンバーシールもない。それに、ダイヤというより、ひし形。
中のファスナーについているココマークは、胡散臭いこと、この上なし。
しかし美魚は、そいつがやって来てから、
毎日いじくり回している。
シャネル自体には何の興味もなかったはず。

中は悲しいくらいベタベタボロボロ。
使用に支障があるレベルだ。
だが、外側は割合キレイである。

こんなものがあるから、美魚は悩む。
なぜ、悩む?

なんか、かわいいから。

スマホで査定が出来るので、試しにやってみた。
待つこと、一時間くらいか。2社から即、丁重に断られた。
しかし3社目は、是非お譲り頂きたく、お送り下さい、と色好い返事が!来た。提示額は3万円。
夕方になり、今度は4社目から電話が来た。
「正規品なら、40万円お出しできます」
ため息がでる…。
5社目はメールで、査定額~30万円を提示してきた。

シャネルって、何なの?

正規品かもしれない、というだけで、
数十万をちらつかせてくるなんて…
なぜ美魚を惑わすの。
後から断られたら、泣いちゃうよ。

捨てちまえよ、こんなもん。

でも、可愛いンだよな…。
偽物でもいい、と考えるのは愚かである。
恥ずかしい行為である。




よし、送ってやろうじゃないの!
モヤモヤを晴らしてしまおう。
…でも、恥ずかしいなあ、断られんのが。

因みに4社目が仰るには、海外に出すので、ギャランティカードもシリアルナンバーシールも、必要ないのだそうだ。(正規品ならば)

赤マトラッセチェーンバッグは、海外では超大人気であり、垂涎ものであるとのこと。
きっと、買うのは中国のお金持ちだろうな。

迷い込んできた美魚のシャネル。

このまま堂々と使えばいいのだろう。
中は、カバン修理に出せば、まだ使えるだろう。
40万の夢をみさせてくれたなぁ。
ありがとう漁太郎。
ありがとう、これをくれた方。

お礼参りは大切

f:id:mauymiuo:20190703135203j:plain母は家出して、何日か簡易宿泊温泉を利用していたという。その間に崇敬神社に、縁切り玉を奉納したそうだ。
そのお蔭なのか、トントントーんと離婚が成立したのだし、私もその一端を担うことになっている。奔走したのは義理の息子の漁太郎である。父の車を返しに行くのも同行したし、母が経営していた店の後始末や、煩瑣な手続き等も引き受けてくれた。
忘れた頃、実の息子が、何の用なのか美魚に電話をかけてきた。しかも祖母の家の電話から。
母が云うには、兄はLINEの乗っ取りに合ってから携帯の番号も教えなくなったし、連絡は公衆電話か、祖母の家の電話を借りるのだそうだ。
「で、なんの用?」
「お母さん、美魚の所に居候してるんだろ、電話に出ないから。そこにいるか」
「今いないよ。お兄ちゃん、お母さんが、これからは一人でやって行けって言ってたよ。着信拒否してんじゃない」
明らかに狼狽する兄。
「な、なんでだよ?」
「いやー、義理の息子が奔走してくれて、上手いこと行ったよー。もう大丈夫だから」
「いや、ホントに、漁太郎さんには…で、電話したのは、おばあちゃんが、お父さんが死んだっていうからさー」
「おばあちゃん、この件で認知症がすすんじゃってさ、お父さんが死んだのに何で戻ってこないんだって、毎日凄い数かけてくるんだって。しかも、出ると聞こえないよーって切っちゃうんだって。お父さん死んでないよー」
「あー、それでお母さんでないのか」
ほっとする兄。
近いんだから自分で見に行けばいいのに。
母が自分を捨てたなんて、(46才)
信じたくないのだろう。
「じゃ、分かったから、いいよね」
美魚が切り上げようとすると、
「で、お母さんはずっとそこにいるのか?」
「仕事も見つけたし、もうすぐ旅立つけど」
「どこに?」
「それは、教えられないなー」
「何でだよ!」
だって、せっかく害虫駆除のチャンスでしょ。
父のダニ、兄の脛囓り虫。教えたらノコノコ行って、またチューチューする気か。
思えば兄は、家賃15000円の鳥の糞だらけの朽ちたアパートに住み、これ以上汚せないくらい汚い毛玉だらけの服を着て、(漁太郎談。店を片付けに行った時ついでに寄ったそう)年収50万円に満たないささやかな生活を送っている。工場のシフトを殆ど入れないのは、芸術家として、研究家として、エッセイストとして、哲学者として、時間を使うためだという。足りない分は母が出して当然だと考えている。もしくは祖母にも頼る。

世間ではそれを偉いとは言ってくれまい。
もっと働けば、と言うんだよ。
天才は理解されないのさー。
それにDV措置法で、迂闊に教えないんだよー。
兄は今お金に困っているのだな、きっと。
夜勤のシフトを増やして解決しろ。

電話を切って美魚は晴れ晴れするのであった。
思えば、母を、父と兄とにとられていた不満がある。
父がうるさいから、兄が頼りないから、おばあちゃんが娘に依存しきっているから、母は19歳で家を出た美魚には、殆ど何にもしてくれなかった。
いや、それが当たり前なのだけど。
母を取り巻く父と兄には、ずっと憎しみを感じていた。
それが今回の件で、すっきり解消出来た気がする。

締めくくりには、お礼参りである。
東京から、久々に帰郷する。
私はこんなに幸せである。
神様、ありがとうございました。f:id:mauymiuo:20190703134108j:plain

旅の終わりに

スペーシアの時間を待つ間、鬼怒川温泉をブラブラしてみる。
車窓から見た鬼怒川温泉は、潰れたホテルが続いていたが、降りてみると、それなりに楽しい。
東京に置いてきた母がLINEで
「やった!お父さんが離婚届に判押した!」
と、知らせてきた。
ほおーっ。
離婚の条件は父の車を返すこと、相続権を放棄すること。
父は以後一切の干渉をしないこと。
思ったより、離婚は簡単に片付いたと思う。f:id:mauymiuo:20190703125403j:plain