マウィミウオの世界

間鵜井美魚の生活雑記録

2年保育をチョイスしたのは

f:id:mauymiuo:20170407085240j:plain美魚の作業は一段落ついた。昨日は家族三人で東武動物公園に出向いた。ファミリー優待券を頂いたので、特急りょうもうに乗り安魚を喜ばせてやったことだ。そのため作業は安魚の寝静まった11時から、深夜1時迄おこなった。今朝は珍しく安魚がまだ起きて来ない。疲れたのであろう。普通の親ならもっと生活リズムを整える必要を感じるだろう。寝る、起きる、食べる、遊びに行かせる、それら全てその日次第である。その日暮らしをはや3年継続させている。安魚を今年、私立幼稚園の年少入園をさせるべきか否か、を去年の夏に漁太郎と話した。
「来年さー、安魚の幼稚園どうする?」
「なんも考えてない。2年行かせりゃいーんじゃない。行かせなくたって構わないくらいだし」
美魚夫婦世代は私立幼稚園の2年保育が主流であった。だが美魚は迷っていた。周りに年中入園を考えている家庭は皆無と言って良かった。敢えて時流に逆らうほど確固とした主義主張などは持ち合わせていない。普通にしてればいい、みんながすることをしてれば問題はない。美魚も流されたような顔をして、安魚を入園させようと考えていた。
「毎朝幼稚園に送ったり出来んの?今の君の生活じゃそんなん無理に決まってんだろ」
「バスだってあるし。ピカチュウとかドラえもんとかアンパンマンとかみんな安魚の好きなのだよ」
「なんの為に子ども乗せ自転車あるんだよ、乗せないよバスなんか!」
毎日時間通りに行動する、美魚の一番苦手なことだ。いざとなれば出来る気はする。自信はないが。
だが結局、美魚は漁太郎の意見に従う事にした。
(幼稚園には3歳から入れよう、そしたら自分の時間が出来るから。)
それが美魚の本音であった。実際には今の自由な生活が壊れるのだ、みんながするように出来ないといけないのだ、そんな簡単な事に気づいてなかった。だから美魚は
「安魚の為に絶対頑張るから!」
とは主張できなかった。友だち、遊戯、先生。それらを楽しむ機会を1年分安魚から取り上げてしまったんだろうか。ろくな子育てをしてないなら、プロの保育に預けた方が安魚には良かったかもしれない。だが、まだ3歳ではないか…ふぐた家たらちゃんだってぶらぶらしている。そもそも美魚は来年には規則正しくなれるんだろうか。美魚は安魚を起こしにアトリエを後にした。