マウィミウオの世界

間鵜井美魚の生活雑記録

ひけるギターをひくんだぜ

f:id:mauymiuo:20170521091743j:plain安魚はダイソーでオモチャのギターをねだり、美魚は3度目くらいで買い与えた。すぐ飽きると思ったのだが、
「みんな~友達~」
「ひけないギターをひくんだぜー」
「安魚の~コンサート~」
などと毎日かき鳴らして歌ったことだ。
踏んづけてバキっと割れた所を
「お母さん直して~」
とテープを持ってくること数回、ついに使い物に成らなくなってしまった。
美魚はまたダイソーで買ってやるつもりであったが、漁太郎は安魚を連れてお茶の水まで出向き、ウクレレを買い与えた。f:id:mauymiuo:20170521091859j:plain
美魚は楽器店と言うものは敷居が高くて入りづらい。音楽の素養は一切持ち合わせていないし、縁もゆかりもない。イメージの客層は見るからにロックンロールな人々で溢れているのかと思っていたが、小綺麗な若者ばかりであった。それは画材屋にベレー帽を被った人々が溢れている古臭いイメージと同じであろうか。漁太郎は楽器店を巡って、一番安価な店で安魚にチョイスさせる。安魚は店先の吊るしの赤いウクレレをチョイス。だが、支払いを済ませ品物を受けとる寸前に
「やっぱり紫がいい」
と言い出す。安魚は紫色が一番好きだ。絵の具もクレヨンも紫ばかり使う。紫の履歴書を安魚も書くのだろうか。
早速帰って取り出す。まず音が全然違う。2400円だが、玩具ではない。
安魚はかき鳴らしてみて、
「なんかさみしい音がする」
漁太郎も美魚もコードなど知らない。ウクレレってなんか陽気な気がするんだけと、妙に寂しくなるのは何故だろう。