マウィミウオの世界

間鵜井美魚の生活雑記録

成功哲学

f:id:mauymiuo:20170609105825j:plain今朝も安魚の
「お・かあ・さーん!!!」
の絶叫が階下から響く。以前は無言でドタドタと両手をついて階段を登り、アトリエへ入って来たことだが、この頃は起きると絶叫して美魚を呼びよせる。
ああ、
とペンを置く。
アトリエといっても3Kのうちの一部屋に過ぎない。ただこの部屋には作業机を置いているので、美魚はアトリエと呼んでいる。漁太郎と共有しているスペースだし、油断すると猫が机に寝そべったりする。
昨日も漁太郎は安魚を連れて買い物に出かけた。その間に美魚は作業の続きを始めた。2時間後。いいところでピンポンピンポーン、と帰宅を知らせるチャイム。うかつにも美魚は、絵をそのままに机を離れてしまった。そして数時間。安魚も昼寝したことだし、と机に向かったその時である。
「絵の上に直に灰皿置いてあるー!」
無神経にも程がある、と美魚は漁太郎に涙ながらに抗議したことだ。
漁太郎はあー、ごめん。と謝りつつも
「だって灰皿置くとこないから」
「キミが部屋をカオスにしてるから」
「そんなに大事なら管理しないのが悪いんじゃない」
「キミは恵まれていることに気づいてない」
などと逆に色々言われてしまう羽目になる。
恵まれているとはどういうことだろう。経済ではないのは確かだ。共稼ぎが多いこの昨今に、美魚は絵だけ描いてたいから、と会社を辞めた。収入が減った分貧乏になった。
忘れた頃に安魚が産まれた。更に経済は不安になったし、絵を描く精神的な余裕がなくなった。
そして夢うつつのうちに安魚は3歳を迎えた。やっと描けるようになったのだ。有難いことである。漁太郎は
「俺だって大変なんだよ?安魚とキミの面倒みて」
と話しを締めくくる。悔しいけど、ほんとの事なので言われても仕方がないのであった。
贅沢しなければ何とか暮らしていける。何とか暮らせれば絵を描いてのんびりやっていける。だが、それでいいのだろうか。絵を描く動機付けは何であったのか。絵で欲しいものが手に入らなければ、経済や富が産まれなければ、単なる趣味である。
昔のことだが、ヴィヴィアンが着たくて風俗で働いてる子がいた。美魚は体を張ってまで、買いたいとは思わなかった。それに美魚は歌舞伎町のスナックを3時間でクビになった。
「あんた偉そうだな」とお客さんに怒られてしまったので驚いたことだ。どうしてもヴィヴィアンが欲しい!という動機付けが弱かったせいだろう。
絵を描くのが楽しいようではダメだ。もっと自分を追い込まねば。自分に殺し屋を依頼したゴルゴ13のように。図書館で借りた
「思考は現実化するⅠ Ⅱ Ⅲ」
を読みながら思う美魚であった。

そんな美魚は漁太郎に言わせると
「閑人代表」
「フリーダム」
浮世離れして全然苦労してない人間、それが間鵜井美魚なのだそうだ。

広告を非表示にする