マウィミウオの世界

間鵜井美魚の生活雑記録

安魚、卒乳卒オムツ

安魚は今日3歳4ヶ月にして、始めておまるで大に成功。続けて小にも成功した。オムツを外すのは安魚が承知せず、おまるの使用も頑なに拒んでおったが、説得してトレーニングパンツを履かせた。やはりオシッコを漏らし、足元のオシッコだまりで遊んで漁太郎にこっぴどく叱られたのがよかったのだろう。予告が出来るようになった。
オムツで大をする前にいつも
「おなかゆるいー」
と言ってから出すので、
おなかゆるいーを聞いてすぐパンツを脱がせ、おまるに股がらせると、すんなり出た。小も
「オシッコでそうー」
でパンツを脱がせ股がらせるとうまくいった。余りに簡単なので驚く。

3日ほど前から漸く卒乳も出来た。
ああ、3年4ヶ月。
美魚は20年ほど前に、ラカンの複合家族という本を読んだことがある。もう内容はほとんど忘れたのだが、子供に母乳を無理矢理断念させた記憶は生涯消えない、というようなことが書いてあった気がする。だが、実際には、
せっかく出るものを止めさせる理由がないので、1歳も焦らず、2歳は少し不安もあったが続け、3歳はちょっとヤバイかなぁと思いつつ、惰性で寝しなに、起き抜けに与え続けた。
「いつまでおっぱい飲んでんの?」
漁太郎の問いに安魚は、
「モンスターみたいに大きくなったら止める」
と舐めたこと言っておったが、とうとう
「安魚はもう妖怪ウォッチとかあるからおっぱいいらないよ」
と自分から離れていった。3年4ヶ月位なら大したことはないな、と美魚は思う。
口だけ達者でおっぱいオムツの赤ん坊が、漸く幼児に到達したことだ。
オムツを外すとプールや温泉、じゃぶじゃぶ池など楽しいことがたくさんある。
今月末に青森にまた行ける。酸ヶ湯温泉に行くんだぜ。それまでにオムツは外そうとは考えていたことだ。

f:id:mauymiuo:20170809132736j:plain