マウィミウオの世界

間鵜井美魚の生活雑記録

青森旅行① ヒバ千人風呂で思うこと

f:id:mauymiuo:20170903101254j:plain間鵜井家は青森県が好きである。3泊4日ではいつも物足りない。だが、物足りないからまた行きたい。前回は敢えて極寒の2月をチョイスした。豪雪地帯を肌で体感したかったのだが、今年の青森市内は何時になく積雪が少ないとのことであった。タクシーの乗務員曰く
アスファルトが見えてますからね」
それでも八甲田山はイメージにピッタリであった。3メートル以上の雪の壁の間をJRバスは進んで行く。明治の雪中行軍で知られる八甲田山。今は自衛隊の方々が訓練をされている様だった。
美魚たちは外国人スキー客で溢れたロープウェーで山頂に登ったが、景色は吹雪で殆ど何も見えなかった。安魚はモコモコに着膨れしているにも関わらず、余りの寒さに1分も持たず
「安魚の手がカチンコチンだよー!」
としくしく泣き出してしまったことだ。可哀想に、こんな小さい子(2歳)連れて来て、と言う目で周囲に注視されつつ、美魚たちは冷えた体を暖める為に、八甲田山麓の酸ヶ湯温泉旅館の立ち寄り湯を利用した。その時の印象が良かったので、今回は宿泊してみた。青森市内からの送迎バスで向かう。
酸ヶ湯温泉旅館の創業は300年とのこと。建物は昭和初期と云う。古色蒼然の魅力的な温泉旅館である。客室は廊下を隔てた襖のみ。誰かが廊下を歩くと部屋にみしみし音が響く。こんな温泉でしんみり湯治をしてみたいが、1泊でも楽しめる。
何よりの呼び物は、大浴場ヒバ千人風呂(混浴)である。曖昧な境界線の向こうにおっさんたちが見える。逆にあちらからはおばさんたちが見えていることだろう。開放的な160畳もの空間で湯に浸かるも、本当にリラックス出来たのは8時からの女性専用タイムになってからである。混浴の時はちぢこまっていた女たちが、だだっ広い浴場を無言で動き回っている。すーっと入って来ては、乳白色の湯の中をザブザブ歩き回り、浸かる。後から後から入ってくる。体型は一様に突き出たお腹をして、腰からお尻にかけてずっしり肉をつけている。それを晒して平気でいるが、前は隠しているのが奥ゆかしい。皆おばさんからお婆さんばかりなのだが、団体客がいないのか、かしましい嫌らしさがない。だんまりのその裸を見るともなく見ていると、美魚は自分の行き着く先が見えた気がする。木造の浴場は時間の感覚も曖昧になる。今は江戸時代かもしれない。神棚の灯明も照明も電気なのだが、湯気の中では松明の様にも見える。裸体は非現実である。裸体で無言の女たちが、静かに動き回っているのは絵画的で、あの世のようで、前世のようで、美魚は心地よい湯に頭がぼんやりとして、現世からトリップした気分になる。
70代の自分に出逢った気がする。もう体型が崩れても平気でいられるのだ。呑気に湯治を楽しめるのだ。
湯から上がり、体を拭いてからヴィヴィアンの真鍮リングを着けた。恐るべし強酸性の湯。翌日リングの跡が真っ黒に指についていた。一晩でヘアピンが腐食していたことである。
雨の朝だ。辺りは次第に霧に包まれていく。
f:id:mauymiuo:20170903102033j:plain