マウィミウオの世界

間鵜井美魚の生活雑記録

青森旅行③ 狸のケーキ

漁太郎は朝からアーケード内のパンとケーキの店に向かう。毎回青森に行く度に立ち寄る昭和なパン屋さんであるが、今月31日をもって閉店とのこと。美魚と安魚はのんびりホテルで過ごして待つ。今日は浅虫温泉に向かう予定である。それにしても遅いな、と心配になってきた頃、10時前に漁太郎はやっと狸のケーキとエクレアなどを買って帰ってきた。f:id:mauymiuo:20170903152258j:plain
「すごい人。そしてパンはなんもない」
美魚の住む住宅街の外れにも、似たようなパンとケーキの店があり、5年ほど前にひっそり閉店した。そこにも狸のケーキがあったが、今や狸のケーキは絶滅危惧種であり、余りお目にかかる機会が無くなりつつある。久々に出逢った狸のケーキはルックス先行で、パサパサのスポンジと固いクリームがただ懐かしかったことだ。
f:id:mauymiuo:20170903153522j:plain