マウィミウオの世界

間鵜井美魚の生活雑記録

青森旅行④ 浪岡

f:id:mauymiuo:20170903164430j:plain青森最終日。奥羽本線 浪岡駅周辺を散策する。漁太郎があぴねすという駅直結施設でバスの時刻を尋ねると、トランクを無料で預かってくださるとのこと。さらに親切な事に、館長さんに直々に案内されて、駅前に作られたりんご園のもぎ取り体験をさせて頂けた。
美魚はりんごが大好きである。一年中りんごを食べずに居られない。青森でしか出回らない新種のりんごを食べるのも楽しみのひとつである。館長曰く、新種はわせに多いとのこと。わせは日持ちがしないので県外に余りでないのだそうだ。毎年どんどん出てくるので把握しきれないそうである。もぎ取りをさせて頂けたのはつがるのわせである。3人で一つずつもぎ取り、無料なのも嬉しい。
バスが出てしまっていたので、歩いて道の駅 アップルヒルに向かう。15分位である。見晴しの良い公園で安魚を遊ばせる。その足元で久々に四つ葉のクローバーに出逢った。美魚はこの頃四つ葉に出逢えなくなっていたので、もう一生分取ってしまったのだと思っていた(30本くらい)。青森の3本の四つ葉は美魚を祝福している様にも見えたことだ。
市営バスで浪岡駅に戻る。浪岡川で昔不美人が顔を洗ったら、美人になったという伝説があるそうだ。是非美魚も顔を洗いたかったが、そんなに清涼な雰囲気ではなかった。
新青森に戻り、はやぶさに乗る。楽しかった時は終る。また近いうちに青森に行きたい。何がそれほど惹き付けるのだろう。青い森というネーミングだろうか。
美魚は都心近くに一軒家を持つ野望を棄てて、青森に移住出来たら幸福であると思う。青森も大好きだが、東京も好きである。どちらも美魚には縁もゆかりもないが、家出者には何処でも同じであろう。美魚は好きな所に住めるのだ。f:id:mauymiuo:20170903165015j:plain