マウィミウオの世界

間鵜井美魚の生活雑記録

こども園の申込み書

f:id:mauymiuo:20171017081911j:plainついにこの日を迎えたと美魚は思う。こども園の30年度4、5才児短期保育の申込み書が配布された。雨の中、傘を差してこども園に申込み書を貰いにいく。11月に申込み書の提出、抽選、面接と続く。
抽選でまず内定の順位を決める。募集は15人である。どのくらいの応募者があるのだろう、年によってまちまちという。募集に満たない場合抽選はなしで、面接になるそうだ。安魚が抽選に漏れるとは考えない。100人の中の15人に入れる子供だ。根拠はない。
安魚は3歳。楳図かずおの14歳をいつも連想してしまう。子供選びの章で、3歳の運のいい子供を300人集めることになり、苛酷なテストを受けさせる。優秀かつ運のいい子供を選びだし、宇宙へ旅立たせるお話しである。20代で読んだときは3歳なんて赤ちゃんだろ、バブバブ言ってるようなやつらが銃をぶっ放つなんて有り得ないと考えていたことである。実際有り得ないのだが、本物の3歳に触れる機会を持ってみると、いざとなれば訓練次第で出来そうだとも考える。
安魚はこれまで親元でぬくぬくと過ごし、来年ようやく外の世界に連れ出す4歳を迎える。1年送らせたことは結果として大正解であった。安魚との濃密な日々はゆたかで、のんびりして、楽しかった。漁太郎が仕事を辞めてからは人生で今が一番ゆたかなのではないかと思ったりする。夕べの満員電車に安魚とシルバーシートで申し訳なくものんびり座ってる時、不労世帯の私たちの自由と豊かさをしみじみ思う。目的のない外出や、散歩は楽しい。
あーあ、それももう終るんだなあ。安魚は幼稚園に行ってしまうのか。
絵はもう少し集中できるかも知れない。