マウィミウオの世界

間鵜井美魚の生活雑記録

時代はプレステ2

安魚はプレステ2のサルゲッチュが大好きだ。シリーズソフトを100円で買って貰って、漁太郎に教わりながら朝から晩までサルゲッチュなのである。カケル ヒカル サヤカ ナツミ サトルなんである。
漁太郎は3歳8ヶ月の安魚にスパルタ指導。
「なにやってんだよ!クッキー取れよ!洋服取れよ!行けよ!右だよ、右ー!逆ー!飛びトンボだろ!変身しろよ!今変身しても意味ない!自分でやれよ、そっちもう猿いないよ!あーもうなにウジウジしてんの、やれよ、敵も倒せよ、ちゃんとそーゆーのも取れよ!ちがーう!だから言われた通りやれよー!」
漁太郎がウッキーファイブや、難しい面をクリアして、安魚もコントローラを激しく操作して猿をゲッチュ。
美魚はあんまり興味ない。凄いなとは思う。怒鳴られても安魚はへっちゃらだ。これが柔道とか、卓球などスポーツなら褒められるんだろな。若しくは芸事一般、伝統芸能とかのスパルタ指導。

褒められると言えば、安魚はよく人から
「3歳!しっかりしてますねー」
と褒められる。
初対面でも他人と会話が出来るからなんだと美魚は思う。
「安魚は黄金アンギョだからねー」
「安魚はほんとは猫がたロボットなんだよ」
「だから強いんだよ」
「はー、しっかりしてるわー」
でも、なに言ってるか他人には分からないだろう。
戯言をいう姿が可愛い。バカ親だ。


f:id:mauymiuo:20171211101605j:plain