マウィミウオの世界

間鵜井美魚の生活雑記録

必要なのは袋。

用品注文、安魚の健診などでこども園へ行く。
4月の入園に向けて、カバン類をやたら作らねばならない。
絵本入れ、着替え入れ、コップ入れ、歯ブラシ入れ、上履き入れ、加えてランチョンマット、紐のリングつきタオルなど、説明を聞いてるだけでため息がでる。
カバン類の作品見本を入園予定の保護者が手に取り参考にしているので、美魚も安魚を連れて行って、絵本入れを手に取る。簡素な長方形のキルティング袋である。
「こんなのだってよ」
安魚に見せると、子供たちと走り回って調子に乗った安魚は、美魚からそれを引ったくり笑いながら逃げていく。
捕まえて取り上げようとすると、事もあろうに職員の目の前で美魚の手に噛みつき、上履きのまま園庭に走り去ってしまう。
…ああ、恥ずかしいなぁ。
美魚はこの頃さっぱり安魚を馭せないのである。
親の云うことなんて別に聞かなくて良いか。でも、躾がなってないのは恥ずべきことだよなぁ。

袋類はキャラクターがNGだそうだ。
没個性の、名前だけはしっかり明記されたものが一番いいようだ。市販品も可だが、美魚は少しずつ作ろうと思う。