マウィミウオの世界

間鵜井美魚の生活雑記録

安魚喘息になる?

f:id:mauymiuo:20180510122238j:plain
もう来なくていい、と医師に云われたものの、あまりにも咳が続くので、こども園から一番近い、別の小さな医院に安魚を連れていく。一時半から午後の診療なので都合がよい。
美魚が子供の頃に連れていかれたのは、こんな病院だったよな、と感じる昭和で止まっている個人医院。院長婦人の手芸作品が展示してある感じの…。清潔感があり、安心できる。
スリッパを履いて、受付をする。これまでの経緯、平熱であることなどを話す。
名前を呼ばれて診察室に入ると、看護師と、オーバー80もしくは90と思われる院長が迎えてくださる。
おもむろに安魚の熱を計る。
体温計を美魚に向けて
「何度ですかお母さん」
「36度9分です…。」
「あと一度で37度ですね!これは平熱ではなく、微熱というのですよ!」
いきなり叱られてしまう。
ざっと診察をされて、院長は
「初めは風邪だったのが、喘息を惹き起こしたのです、アレルギーも軽くあります。」
「うちは漢方で治します。今、4歳ですね。6歳迄にはこれで完治します」
とのことである。
喘息って、なんだ?アレルギーなんて、初見で分かるのか?最近安魚が押し入れに入ることを覚えたことなど、頭をよぎる…。
受付で処方された薬を受けとる。薬局じゃないのが久々だと思う。
容器代100円のみ。
二年間も薬が必要なんだろうか?(タダだけど)ほんとかしら。
喘息という病気なのかしら…。
f:id:mauymiuo:20180510124447j:plain
因みに最初の画像は先日オフハウスで買ったボードゲーム。見てるだけで楽しい80年代アニメの力。