マウィミウオの世界

間鵜井美魚の生活雑記録

育てたカエル

4月2日に安魚と公園で採取した四匹のおたまじゃくし。

5月10日。手足が生えた数日後一匹が溺死、水を減らし陸を作る。死骸は公園の桜の下に埋めた。
その翌日に蓋を閉め忘れさらに一匹脱走、家の中で行方不明になる。尾がまだあるので油断してしまった。
5月18日。完全にカエル化できたのは二匹である。カエルと言えば雨蛙をイメージしていたものだが、これはヒキガエルのようである。こいつらも、あの馬糞みたいにべったりした、大きな姿になるのだろうか?まだ嘘みたいに小さい。

カエル化したら元の池に返すつもりで飼育していたものの、あまりの可愛いらしさに手放せなくなってしまったのは、むしろ美魚の方である。
一番困るのはエサだが、今は公園でアブラ虫のついている草花を採ってきてそのままケースに入れたり、家に出てきた蛾を与えたりしている。掃除してたら黒い小さな昆虫が出てきて、与えてみたがこれは食べなかった。カエル化して6日ほどであるが、夜に虫を食べるようで朝には糞が落ちている。このまま飼育できるだろうか。ミルアームとか、コオロギとか、そういったものがやはり必要なのだろうか。とりあえず手当たり次第その辺の虫を与えてみようと思う。

一センチ弱の可愛いこいつら。
一匹は腹がぷっくりしており、名前はピョンタ。
もう一匹はほっそりしている。名前はピョング。
二匹はタッグパートナーを組むとピョンタッグになるのだそうだ。
安魚の命名だ。
f:id:mauymiuo:20200518153602j:plain