マウィミウオの世界

間鵜井美魚の生活雑記録

青森旅行② 白龍の夢の源泉

美魚は8月半ばに、白龍に乗った狩衣姿の神様みたいな人の夢を見た。目が覚めてそのパワーの強大さに震えたことである。そのイメージが何処から来たのかずっと考えていたことだが、青森市内にあるうとう神社にその答を見つけた気がした。青森市に行くと美魚たちは必ずうとう神社の本殿に御詣りしているが、奥の方に龍神様が奉られているのを忘れてはならない。
龍神の池はパワースポットであるという。泉の水は龍神の石像の口から滔々
と溢れ出している。飲めば必ず霊験が有りそうである。もしや夢に現れたのはこちらの龍神様ではあるまいか。ご縁が出来たのではあるまいか。美魚は恭しく参拝したことである。
だが、またのちに、それはねぶたのモチーフではなかったか、と思い至る。

以前陰陽師のねぶたが何処かにあったように記憶している。五所川原のたちねぷたかも知れない。
あー、そうだったのか、と美魚は納得したことである。神様ではなく安倍晴明であったのか。
だが、美魚が夢に見たのは白い龍神様で、白い狩衣を着た神様であると認識したのであるから、本当にうとう神社の龍神様だったのだとも思う。
f:id:mauymiuo:20170903115011j:plain