マウィミウオの世界

間鵜井美魚の生活雑記録

みーちゃの思い出

今日で安魚は3歳4ヶ月になる。そして今日はみーちゃの一周忌である。みーちゃとは12年飼っていた雌のアビシニアンだ。
みーちゃは脇の下にこりこりした塊が出来てから、少しずつこりこりが全身に広がって、大好きな銀のスプーンのカリカリを食べなくなった。たまにしか与えなかったカルカンパウチに替えたら、ムクッと起き上がってふたくちくらい食べたので、以後与え続けた。食欲の権化で、七キロもあったデブシニアンが、最後は三キロ以下にやせこけて、そして遂に死んでしまった。
ガリガリで足腰が立たず、死ぬ数日前からトイレに行けなくなった。漁太郎が
「いんだよいーんだよ」
と体を綺麗に拭いてやると、みーちゃはすまなそうにムームー鳴いた。哀れであった。
みーちゃは漁太郎になついていたので、死んだ朝も漁太郎の枕元だった。
「おい、おい!」
漁太郎が美魚を起こしたのが朝の7時くらい。まだ体は柔らかいままで、本当にひっそりと死んでしまったのだった。
漁太郎はみーちゃを抱いて号泣した。美魚は、もっとしてやれることがなかったろうか、と後悔した。涙にくれる二人に2歳の安魚は
「心配しないで、そんなに心配しないで」
と繰り返し言うので余計悲しくなった。
二軒となりの家の5歳の雄猫が、みーちゃより少し前に腎盂炎で死んだそうで、飼い主のじいさんは2日おきに自転車で点滴を打たせに病院へ通ったそうである。やっぱりその猫も怖いくらいにガリガリで、何も食べず、鼻水をたらしてぶるぶる震えていた。
じいさんはそれでも2ヶ月延命させたそうだが、美魚たちはみーちゃの延命をチョイスしなかった。あの腫瘍はがんだったのだろうか。病院で早めに手術をしたら元気になったんだろうか。等々美魚はみーちゃの亡骸をみて考えたことだった。
みーちゃは深大寺のペット霊園の分園にて供養していただいた。葬儀と火葬を深大寺で行い、遺骨の一部を分園に納めるのだという。引き取りまで一日あって、みーちゃの通夜を家族三人で行った。いつも入っていたバスケットに、花びらを食べるのが大好きだったみーちゃを安魚と花で埋めた。エアコンを強めにして、保冷剤を敷き詰めたのだか、半日くらいで匂い始めた。
翌日、迎えの車がやってきた。小さな白いバンだったが、係員の神妙さはなかなかだった。
みーちゃはバスケットごと車の中に納められた。ひんやりとして薄暗い中にもう一体、奥に段ボールが入っているようだった。
係員は扉を閉じて、車は出発した。美魚たちはまた涙が溢れた。
「みーちゃは車でいっちゃった」
しばらく安魚はそう言っていたことだ。
みーちゃは美魚の飼った2匹目の猫。だが、いつのまにか漁太郎の猫になってしまった。子猫の頃は美魚の腕に飛びかかり、かじりついてローリングするのが得意技であった。太り始めてからは一日中丸太のように台所に転がっていた。
顔だけ可愛いかった。
「みーちゃはみーちゃの国から帰ってくるよ」
「またみーちゃに会えるよ」
と安魚は予言をする。
美魚は今日、安魚を連れて近所の分園にお参りに行くつもりである。

ピンクピン太郎 瀧に届く

ピエール瀧さんがピン太郎ニュースをラジオで語る。それを漁太郎がYouTubeで美魚と安魚に聞かせた。
「トトロのメイちゃんみたいな女の子が、赤ちゃんパンダの名前はっ?て聞かれて、うーんと、うーん…。ピンクピン太郎!だって。(爆笑)」みたいな感じに喋っておられた。
確かにニュースの安魚は可愛かった。普段もあんな感じだけど、5割増しに可愛かった。
安魚に
「遂にピンクピン太郎が瀧に届いたよ」
と往年の電気ファンの美魚が言うと安魚がスマホを奪う。
「ピンクピン太郎が天井まで届いた画像みるー!」
違うけどね。

親にむかってなんだ!その台詞

安魚は3歳3ヶ月にしては口が達者であると美魚は思う。一人っ子であり、男の子であり、特定の友だちもいない、テレビっ子であるが、世にいう言葉の遅れる原因全てをクリアして、2歳始めには既に機関銃のようにつたない言葉を並べていた。
先日、寝しなに美魚は安魚の横に腹這いになり、絵本の読み聞かせをしていた。
安魚がどんどん体をひっつかせてきて狭い。美魚の顎の下に潜り込ませていた彼の頭を、いきなり上に動かしたのでぶつかって凄く痛かった。
「痛いなあ!狭いよ!そんなひっつくと」
美魚が文句を言った直ぐあとに安魚は言い返してきた。
「おまえがデカイから布団が狭いんだろ!」
達者というより、ぞんざいなのか。

安魚は恐ろしいことを平気で言う。
「お母さんなんてやっつけてやる!まずは扇風機で痛めつけて、窓から放り投げて、それから土に埋めて、ありさんに食べさせて、それからばらばらにして、それから骨にさせて、それから川に流す!」
それ、誰に教わったの?アンパンマンですか?それともティーンタイタンズですか。まさか、漁太郎?息もつかずなんてことを予告するのか。可愛い声で。

漁太郎は実家に帰るとよく彼の母と口論になる。この前のは彼の父の墓参に行った折である。
何の気なしに始めた会話から始まるが、余りに度重なると
「もううんざりだよ!」
義母が切れる。
「じゃああんたが納めればいんだよ」
「たまに話す時くらい人を思んばかった言い方しなさいよ!もう我慢の限界!」
「出来ない。そんなの俺のストレスになるもん」
安魚は
「けんかやめて~」
とうろうろ。
美魚はこの場に一滴の血も関わっていないので黙って眺める。
この親子は愛しあっているのでお互いに傷つけあっている。
私は親だ!思んばかれ!
俺は子どもだ!受け止めろ!
とお互いの立場を譲らない。
その場を楽しく、和気あいあいと孫をまじえた家族ごっこするよりずっとマシだと美魚は思う。それに要らんことを言って二人を怒らせるのではつまらない。
「美魚は俺らよりハートがマッチョだ
よ」
いきなり漁太郎が矛先を向けてきた。
「美魚は俺とは違う。美魚は親をもっとこてんぱんにやっつけていた」
どういうこと?
「まあ、あなたたちは二人とも似てるんですねー愛しあってますねー羨ましいですほんと」
美魚は無意味にへらへら笑って誤魔化した。


安魚は美魚に
「愛してるよ、お母さんが一番好きだよ」
と囁いたすぐあとに
「お母さん大嫌い。大きくなったらやっつけてやる!」
と手のひらを返す。
どちらも本当の安魚の気持ちなのだろう。
美魚は自分が、将来漁太郎の母ちゃんみたいになりそうだなと予見している。安魚も成長と共に、漁太郎のようにトゲトゲの断定的な言葉で追い込んでくるだろうか。美魚が学習したことは、そこに感情的になると負けるということだ。それでもやっぱり美魚は
「親に向かってなんだ!その台詞!」
3歳の子どもに向かって感情的に言ってしまうことだ。

ミンネというサイト

f:id:mauymiuo:20170704070944j:plain美魚がミンネというサイトで作品を販売開始してから、はや8ヶ月。自分のギャラリーをサイト上で眺めるのは格別である。さらに他の人の作品を見ることも参考になり、楽しい。他の絵描きさんに美魚がお気に入りされたりすると、とても嬉しい。
だが、その絵描きさんの作品を拝見すると、お気に入りの数が桁違いなので驚く。たった1枚の絵に500以上お気に入りがついていたりする。美魚は全26作品でトータル38個。
…。その差は何なのであろう。
美魚の目標は自身の作品で、100万円を得ることである。いつも皮算用をして楽しんでいる。
さらにロトシックスも楽しんでいる。毎回売り場に向かう時に、安魚に
「また夢を買いに行こうねー」
などと言う。
言ったことや、考えたことが現実化するから、
「皮算用」
だったり
「夢」
だったりで終わってしまうのも頷ける。
美魚は図書館で借りた「ザ・シークレット」シリーズを一気読みしてみて、最近美魚の母が言い出したことに類似していることに気がついた。あの人はやたらに
「愛」
だの
「感謝」
だのを口に出すようになったが、それは入り浸っている斎藤一人系列の喫茶店の影響である。
「生まれてくれてありがとう」
と唐突に言われたときは正直、引いたことだ。そんな台詞は、美魚が幼い頃に口にするべきで、中年期に言われても響かない。むしろ腹が立つ。
その愛だ、感謝だ、ありがとうだは、斎藤一人さんの著作で学んだらしい。まあ、好きにすればいいじゃん。
と、眺めていた美魚も、
「やっぱ感謝するのが大事なんだねー」
とザ・シークレットシリーズで感化されたりする。
親子は似てしまうのだろうか。
引き寄せの法則は確かに存在すると思う。美魚のこれまでの日々に当てはまることは多い。願望は何となく叶う。
マウィミウオの作品をもっと多くの人に知ってもらうこと。今一番引き寄せたい願望はそれである。そして、引越をすること。
安魚はときどき
「安魚もTVに映りたいなー」
と言っておったが、本当に映ったことだ。
「またそんな本読んでるの?」
漁太郎に言われてもへっちゃらだ。
漁太郎は野垂れ死にも怖くない、未来なんて無い、希望なんてない。と公言する強い人。私は、やだね。
私が金持ちになるから安心してね。
美魚は幸せを噛み締めて生きていきたい。

安魚の将来の夢は?

f:id:mauymiuo:20170624065331j:plain安魚は少し前にケーブルテレビで放送されていた魔法の天使クリーミーマミが大好きであった。
「安魚くんは大きくなったら、何になるの?」
の問いに
「安魚は大きくなったらマミちゃんになる!」 
と宣言。かつて多感な少女であった美魚も、やはりマミちゃんになりたかったなぁと懐かしく思い出す。
先日中野ブロードウェイのショーケースに、マミちゃんのステッキが未開封で80000円くらいで販売されていた。当時も美魚には手の届かない代物だったが、80000円では安魚に買ってやることは到底不可能である…。

少女の美魚は、家ではいつもコソコソ絵を描いていた。絵と云っても落書きに等しいものであるが、色鉛筆で着色したりして、自分では作品のつもりであった。なぜ隠れて描くのか、と云えば、兄が馬鹿にするからだ。あれは多分、クリーミーマミちゃんの絵だったと思う。わりと上手く描けたな、と一人で満足していたことだが、
「お父さんー。美魚がこんなの描いてたー」(半笑いで)
兄は隠してあったはずのマミちゃんの絵を引っ張り出すだけでは飽きたらず、父のところに持っていって二人がかりで嘲笑したのだった。
悲しかったなぁ。
少しくらい絵が上手いからと云って、2歳下の妹の絵を笑い物にして、何の得があるのか。
少し前に兄から聞いたことがある。
「俺は子どもの頃はいつもアンテナを張ってお父さんに対処していた」
つまり、美魚を父と二人で笑い者にすることで保身を図っていたということか。やはり嫌なやつだったと美魚は思う。

因みに安魚はおじゃ魔女にもなりたいらしい。もっと以前は
「安魚はプリンセスになる!」
と宣言していたことだ。
なれないけどね。

間鵜井邸

美魚は引っ越しをしたいと思っている。今の家は昭和の建て売りの中古である。築38年。床の間にボコボコした柱があったり、家の窓ガラスが全部すりガラスだったり、トイレが和式だったりしてとてもレトロで気に入ってはいる。
だが、ボロボロなので困る。まずは床に傾斜がある。これは購入当時に分かっていた。最近畳の床下がブカブカする。安魚がネコツリーから飛び降り遊びをするたびヒヤヒヤする。安魚ではなく、床が、である。そのうち踏み抜かれてしまいそうで恐い。1階居間の押し入れの床が抜けた時の衝撃は忘れられない。押し入れには漁太郎の行き場の無い漫画が300冊程ぎっしり積み込まれていることだが、あれは安魚がまだ赤ちゃんだった3年前のこと。美魚は押し入れの襖にもたれ掛かって安魚をだっこしていた。すると、
「ギ・ギ・ギ・ギ」
何処からともなくうめき声のようなものが聴こえてくる。
「ギ・ギギギギギーッ」
地を這うような不気味な音響は次第に大きくなる。何だ?
「ギギギギギー」
心霊現象か?!美魚が安魚を抱いてその場に立ち上がったその刹那、
バスーンッ!!」
突然襖が弾け飛んだ。(ように見えたが実際は外れただけ)
過積載ゆえか、ボロボロのせいか、床が抜けた瞬間であった。床は漁太郎がすぐさまホームセンターに向かい、夜までに形を着けた。その時美魚は、床板の下が土であることを改めて知った。1枚したの世界に蠢くやつらを想像して、ゾッとしたことだ。家が強固で無くてはならない理由、やつらの侵入を許さないためである。やつらと同じレベルで生活したくないからだ。
ボロボロに目をつけられて、
「このままにしていたら、大変なことになる」
などリフォームの営業を受けることがたまにある。
美魚は既に何度も訪問を受けているので断り文句は決まっている。
「家は住めるだけ住んだら更地にするんです」
「あとどのくらいですか?」
「そーねーあと10年くらいかなー」
なーんて言ってお断りしてからはや10年経ってしまったことに気づいた。
安魚が先日唐突に
「もうこんなボロボロの家に住みたくないよ」
と言い出した。美魚の話す言葉の模倣である。つい
「あーもーやだなこんなボロボロ」
と愚痴を言ってしまうのが良くないのだろう。おうむ返しに子供に言われてもショックが大きい。
この家をリフォームするのもありだとは思う。だが、そもそもこの家は通勤圏内と云うだけでチョイスした950万の家。会社も辞めたし、ここにいる理由は既に無い。自己資金が500万あったのだが、銀行の住宅ローンが全額借り入れになったのは今考えてもよくわからない。そのローンがあと5年残っている。あーあ、引っ越ししたいな。出来たらまた昭和な家がいいな。f:id:mauymiuo:20170620105550j:plain

ピンクピン太郎

雨の中、漁太郎は安魚に可愛い服を着せて一緒に外出した。美魚は 孕む の続きをやって留守番。多分児童館でも行ったんだろう。それにしちゃ遅いな、と思っていたらドンレミーの袋を下げて夕方に帰ってきた。上野動物園に行ってきたらしい。
二人ともフリーパスが有るので安魚を連れて度々いく。美魚はラジオでパンダの赤ちゃんが産まれたの聞いていた。発情期は活発に動いていて楽しくパンダの観察ができたことだが、そのインタビューを安魚が受けたという。
漁太郎と美魚はワクワクしながらニュースを見て待つ。
「放送されないかもよ。安魚全然話せなかったし」
漁太郎が言うには、パンダを見学して出てきたところにインタビューにキャッチされた安魚は、赤ちゃん産まれてよかったね~、なんて聞かれてもポカーンとしていたらしい。
「じゃあさ、パンダの名前何にする?」
と質問が変わり、安魚は
「ピンクピン太郎でいいよ!」
と即答したそうだ。
7時のニュースにその
「ピンクピン太郎!」
が放送されて、上手いこと編集するなと感心したことだ。