マウィミウオの世界

間鵜井美魚の生活雑記録

母、家出する

田舎の母に、安魚のランドセルをねだろうと、一年ぶりくらいにラインをした。
しばらくして返信があった。

「お母さんは元気です。お父さんは癌が見つかりました。お母さんは今、家出して4日目です」

母はいつも殴られていたが、66歳にして、遂に反撃に出たという。物をぶつけたりして。
そして、父の車に乗り込むと、そのまま警察に駆け込み、保護してもらったらしい。
そもそもの原因は、母の車が壊れたことらしいが、くだらないから、割愛する。
警察は後からパトカーで自宅に赴き、父を連行した。話聞きたいから、とか言って。
その隙にまた母は家に戻り、金目の物や着替えなど持ち出してきたんだそーだ。
車はないわ、通帳印鑑現金はないわ、父はいい気味である。遅すぎたくらいだ。
刑事は
「逮捕しますか?」
と、母に尋ねたそうだが、拘留は2日のみ。
後から殺されるかもしれないので止めてもらい、
接近を禁止し、破れば即、逮捕。で終わり。
母は放浪の旅に出ることにしたのだそーだ。

もし美魚が安魚のランドセルをねだろうとしなければ、こんな騒ぎは知らなかったと思う。

芸術家気取りの兄は、もう東京に住んでいないらしい。2年くらい前に田舎に戻っていたらしい。
知らなかった。
たった2ヶ月で仕事辞めたのね。で、田舎に帰っちゃうのねー。

家出した母は最初、近くにいる兄に連絡したそうだ。
母がいれば、当然父がやってくるだろう。
いかに警告されていようが、父は追うだろう。
兄の瞑想的な日々はぶち壊しである。
故に、兄は、すごーく嫌な顔をした。
そして、一言
「俺、今から夜勤なんだよ…」
それきりである。
未だに家賃が払えないとか言って、母にせびるくせして、(46才)
学生時代からの仕送りが貰えなくなって仕方なく実家に戻ったくせに、(38才)
「ここにこのままいるビジョンがない」とか言ってまた東京に引っ越すときは(44才)
身分証明書が無くて大騒ぎしたくせに、さんざん脛を齧りこの先も齧る気満々で親の近くにアパート借りて住んでるくせに、
自分に迷惑がかかりそうな時は突き放す。
さすが芸術家気取り!エッセイスト!思想家!
美魚はどうしたって、
「じゃ、うち来ればいーじゃん」
とか、当然言ってしまうもの。
母はあんまり好きじゃないけど、放浪じゃ気の毒だなー
って、同情しちゃうもんなー。

父はごく初期の癌を既に摘出して、今すぐ死ぬような感じではないらしい。
だが、なんとなく、美魚は父はあと少しで死ぬ気がする。
父はちゃんと自分で末期癌を呼び込める人だ。
不安を増幅させる天才だから、毎日クヨクヨ体の心配をして、母を恨んだりして、体を壊して、
あと2年くらいで…

出張カメラマンを探して

こども園の修了式に、プロカメラマンを入れたらどうか、という案がでた。
式の間、何故か父兄は撮影禁止なのである。
だが、プロカメラマンはオッケーなのだという。
まだ先のことではあるが、どんなものなのか、美魚はGoogleで検索してみた。
出張カメラマンから見積りがくるサイトを手始めに調べた。
予算は三万で、もろもろ経費込み。
100枚くらい撮る、とのこと。
100枚ですかー、スゴいですねー。
と、美魚は考えた。
33人で100を割ると、3枚くらいだ。
今はちゃんと分かる。
だがその時は、1人10枚かー。
と疲れた頭が計算してしまった。
最初のヒットで心が動いていたので、このカメラマンでもいいかー。なんて思っていた矢先。
「ちょっと待ってください!1人100枚じゃないですよ?!大丈夫ですか!」
といきなり冷水を浴びせられた。
美魚の文章も変であった。
「1人3枚くらいが相場だと聞いていたので、100枚はスゴいですね、」
と書いている。
ほんとだよ、私。大丈夫じゃないですよ。
でも、
「ちょっと待ってください!」
「大丈夫ですか!」
という言葉をかけられて、
可笑しくも悲しい気持ちがしたのだった。
メルカリの出品者の対応の方が、まだ我慢強く丁寧だぞ。

もちろん不成立。

あー、どうすればいいかなぁ。
セミプロおじいちゃんとか、誰かの父兄は、知らないのかなあ。
川蝉撮ってたりするじゃん。
ごっついカメラ持ってる人たち。

考えてから喋ろう

先日美魚はバースデーを迎えた。それで、家族3人でぶらり都心へ出かけてみた。

新宿の地下街をうろついていると、安魚は美魚に、
「おかーん。トイレー、うんちー」と訴えた。
あー?
さっきはトイレの前をスルーしたくせに。
長い距離を戻るのやだな。しかも休日の女子トイレには入り口に長い長い行列が出来る。
何故、漁太郎に言わんのじゃ。
こいつも男子なんだし、きみが連れてけよ。
と、美魚はいつも不満である。(漁太郎に)

やっとの思いで個室をゲット。生まれつき和式トイレで育った安魚は、洋式が苦手である。
靴を脱がせパンツズボンから片足を抜き、またがらせ、と、めっちゃ手間がかかる。

なのに安魚は
「やっぱり、出ない」
「そのうち出るから待っとけ!」
「…やっぱり、出ない」
あー、そー。ここまでのタイムは25分だぜ。

長い距離をまた戻り、漁太郎と合流する。
じゃあ、違うとこ行こーと地下街から出た瞬間
「おかーん。うんちー」

まだ五歳だ。幼児だ。仕方ない。
美魚はイライラしていたので安魚の手を引っ張りながら
「これから外に行くときは、おむつを着けろ!」
と言い放ったのであった。鬼っ母だ。

本題はここからだ。

夕方帰宅した直後から、安魚はぐったりしてきた。
美魚のバースデーケーキにも手をつけず、
べちゃーと横たわっていた。
疲れたのだろう。

その後嘔吐と下痢のループが始まった。
夜11時すぎても止まらず、やっと見つけた休日夜間診療可の病院へ駆け込むことになった。

診断の結果急性腸炎であった。
出すもの出せば治るそうだ。

結果。
安魚は赤ちゃんの頃に使っていた布おむつを当てることになったのであった。

後で聞くと、クラス内で腸炎が多発しているそうだ。

おむつを着けろ!
なーんて言っちゃ駄目だよなー。
ほーら、ホントになっちゃった。

素敵なバースデーをありがとう。安魚。

安魚くんママ

f:id:mauymiuo:20190422113557j:plainまた新しいPTA役員選出シーズンである。
美魚は修了対策副委員長に立候補して、選出された。
こども園は卒園アルバムをPTAで作成させる。
しかも、修了対策費はPTA会費からではなく、個別に集金をしなくてはならない。
なんだ、それ。
アルバムの掲載写真はイベントごとに担任に自前のデジカメを預けて、お願いして、撮影してもらう。
さらに、撮影を許可してもらってから、腕章をつけて、父兄が子供らの写真を集める。
園のスタンスとしては、

あー、アルバム作りたいんですね?出来るだけ協力しますよ。
ただし、スマホはダメでーす。拡散されると迷惑なので。

と、云うことか。
子どもの為もしくは親のため、アルバムを作成するのが修了対策委員の役割のひとつ。
さらにやる気が失せるのは、
楽しいPTAにしましょう!
をスローガンに掲げながら、
ね、安魚くんママ!
と委員たちに呼ばれることだ。
おれ、間鵜井っていうもんなんですけど。
間鵜井安魚(まういあんぎょ)の母でもあるけど、
それって、藤原道綱の母、みたいで、
これ以上の女性の人権侵害はないと思うんです。
なんて、言おうものなら
めんどくさい人だよねー安魚くんママって。
と皆さんに思われそう。
私のモヤモヤは人類のモヤモヤであるハズだ。
あー、あ。

つまらんなあと美魚は思う。
安魚くんママは美魚が獲得した唯一の肩書きだ。
安魚くんママだから、ママたちと話したりランチしたり楽しめる。
私はママたちをそう呼ばないので、余計溝は深まるようだ。

嫌われてんのかもな。

URも悪くない

f:id:mauymiuo:20190419082208j:plainこども園のママ友が、園の近くに貸しギャラリーがあると教えてくださる。
団地のいわゆる自由サロンであった。
美魚は話を聞きに早速出向いてみた。
展示は自由。好きなタイミングで作品を入れ換えてもよい。
しかも、タダ。0円。
美魚の絵を展示していただけるのは嬉しい。
問題は、お年寄りがサークルを勤しんだりなさるスペースであり、まず販売には繋がらないということ。
家の押し入れに閉まって置くより余程いい。
絵を描くのは、瞑想である。
美魚には他にすることが何もない。
f:id:mauymiuo:20190422113824j:plain

快適な日々

充電が丸二日かけても50%に満たず、充電器から外すと10分弱しか使用できなかった美魚のポンコツスマホ
携帯できなかったスマホ
依存しようのなかったスマホ
基本的に電源オフだったスマホ
我慢の限界を1年半も堪えて、ついに新しいスマホを買ったですよ。
HUAWEIとか言うやつですよ。
ぶっちゃけ何でも良かったですよ。
電池が公衆電話の10円みたいにあっと言う間に消費されない。
それだけで、なんて、快適なんでしょう。
こども園でのイベントを全てチェキで撮影してたですよ。
運動会の臨場感はゼロでしたよ。
お遊戯会やコンサートも、音がするチェキは使用できなかったですよ。
園で販売していたプロカメラマンの写真プリント購入額が、洒落にならない金額でしたよ。
あー、あー、あー。
なんで、さっさと買い換えなかったのでしょうね。
だって、スマホなくても大して困らないからなんですねー。
朝10分だけ電源オンして、ラインやメールをチェックすれば、大概こと足りるんですねー。
周囲にスマホポンコツであることをお知らせしとけば、返信遅くても怒られないです。
ただ、二回ほどこども園から電話が来ましたねー。
電源オフだから、もし安魚に事故でもあったら大変でしたねー。
まあ、最悪午後2時にお迎えに行くので、なんとかなったでしょうね。

今こうしてブログをしたためながら、電池が全然減らないんですよ。
素晴らしいなっ。

ナウシカ道をゆく安魚

こども園のテラスで、子どもたちが、カメムシを捕まえて遊んでいた。
そのサークルを割って入った安魚は、
「やめなよ!かわいそうでしょ!」
と、カメムシを庇っていた。その癖触れない。美魚も近づき、じゃあ逃がそっかーなんて砂場のコップにカメムシを誘導し、安魚に手渡すと、草むらに走って行って逃がした。
子どもたちが安魚の後を追いかけたあとで、その子たちのママになんとなく気まずい美魚は、
「安魚はナウシカに憧れているので」
その場を誤魔化した。
その話が他の子のママに伝わり、ラインをいただいた。
その子も安魚のように日テレでナウシカを観ていたく感動し、以来オームの絵を描いているのだそうだ。
安魚は絵ではなく、再現をするのが好きである。
テトごっこ
(指を噛んでから、ほら怖くない、でペロペロ)
足ジューンごっこ
(子オームを毒水から庇ってナウシカの足がジューン。心配する子オームに、やさしい子)
ナウシカバーンごっこ
(オームの群れにはね飛ばされたナウシカと子オームからの、やべえこれナウシカじゃん、とオームがしーんとする)
ナウシカが生き返るごっこ
(その者金色の野に降り立つべし。でも服は破れてるよ)

飽きもせず、繰り返している。
安魚はナウシカが傷つき、見返りに愛されるシーンがいたく気に入っている。

カメムシはその後も3日くらいテラスに舞い戻り、遂に命を落とした。

安魚の慈愛は届いているだろうか。