マウィミウオの世界

間鵜井美魚の生活雑記録

気前のよい安魚の国

漁太郎が再就職したので、美魚はまた安魚と二人である。
この頃は本当に私たちは金持ちで、働く必要なんてないと思い始めている。
漁太郎にそんなこと言うと怒られるので黙っている。

安魚の国は今も健在で、安魚はしょっちゅう
「そうだ!安魚の国でパーティーやってるんだ!」
とか言って毎日騒いでいる。
安魚は美魚に向かって
「おかん。安魚の国では何でも願い事が叶うよ!欲しいもの言って!」
「じゃあね、新しい家」
「叶うよ!あとは?」
「じゃあね、大きなダイヤモンド」
「叶うよ!あとは」
「ヴィヴィアンのコート」
「叶うよ!あと欲しいものはある?」
「じゃあね、ヴィヴィアンのスイスメイドの腕時計」
「全部叶うよ!あとは?」
と、際限なく叶えてくれる。
「ズッカの靴」
「もうないの?安魚の国では何でも叶うよ!」
安魚の国って、本当に気前のよいところだね。何より安魚が美魚に向かって

願い事が叶う!

と言い始めたことが気になる。
これも安魚のラカン的ファロスなのか。
物欲の美魚を喜ばすための。
とりあえず楽しいので毎日安魚の国で願い事をしている美魚であった。

楽しいこども園

安魚は定員15人の激戦を勝ち抜き、ついにこども園に内定したのであった。

と、美魚は書きたいところだが、蓋を開けてみれば30年度は子供が集まらず定員割れ。
抽選は行われずして、応募者の入園が決定したことだ。面接で数えてみたら8人ほどであった。

実感として、安魚とおなじ3歳(安魚は早生まれなので4歳のくくり)で、どこにも所属してない子供は皆無であると思われた。公立の4、5歳入園を目指してる人なんて美魚は会ったことがなかった。だが、少なくとも8人は同じように考えていた家庭があったのか、と思うと頼もしい気がする。まあ、園からの転入もあり得るが…。
何にせよ29年度は抽選が行われたそうなので、ついてたなぁと美魚は思う。

美魚の好きなママ友に、夏は曇りの日にしか出てこなかった人がいる。夕方は出てくるが、決まった公園がなく、いつもふらふら渡り歩くのだそうで、めったに会わない。
安魚より学年が1つ下の女の子のママであり、来年、その子は近所の私立に年少入園とのこと。
その人に久し振りで会った。

「こないだ願書持っていったんだけど、一度も説明会に来てないんですか!そんな人いませんよ!って幼稚園に怒られたんです」

何でもその私立幼稚園では、早めに人数を把握したいらしく、プレで入園の意志を聞いておき、さらに数回行われる説明会でおよその当たりをつけるそうで、いきなり予定外に願書を持って来る人は殆どいないのだという。

私立は2歳でプレは常識。説明会すら来ない親は異常なのだろうか。美魚も願書はおろか、一度も私立の説明会に行かなかったので、もし、こども園の抽選に漏れ、私立の年中入園先を探すことになってたら、大変だったかも知れない。ただ、こども園に入園出来ないとは考えてなかっただけである。

「しゃらくせえ」

彼女はうそぶく。結局その子は入園出来るらしい。

美魚はこのママ友の浮遊感が好きである。

トゥマッチ

美魚が今までヒアリング出来た英語は、新宿二丁目で酔っ払った外国人がタクシーのドアを開けようとして
「イッツオートマチック!」
と仲間らしき人に言われていたのと、昨日喫煙所でタバコを吸っていた時に日本語で話しかけてきた外国人が、美魚のタバコを見るなり
「ユウスモーキン?」
「トゥマッチ!」
と呟いた英語である。
中年が喫煙所でタバコを吸って何が悪いのか。f:id:mauymiuo:20171103103001j:plain

中野でねぶた

f:id:mauymiuo:20171028212048j:plain美魚は青森が大好きである。青森も美魚が好きなんだろうか。中野でねぶたを見た。実は動かされているねぶたを見たのは初めてである。360度ぐるーんと回すのが楽しい。篠つく雨だったのも印象に残る。
青森でいつかねぶた祭りを実際に体験するのが美魚の夢である。

壊れても慌てずに

f:id:mauymiuo:20171019220500j:plain美魚は2年くらい使用していたチェキを、家の階段から落として壊した。裏蓋が閉まらなくなり、さらにフィルムが必ず二枚ずつ勝手に出てくる。漁太郎が手縫いでカバーを作り、裏蓋の押さえにしたものの、やはり不便だ。
漁太郎は次はロモインスタントオートマットグラスなるカメラをを美魚に買い与えてくれた。それが先月のことである。
美魚はまたしてもカメラを落とした。
ぐらぐらの三脚が倒れ、レンズを強打。レンズが動かなくなってしまった。(レンズをスライドさせてオンオフするもの)
漁太郎はつめたーい目をして、
「お気楽過ぎんだろ…買ったばかりなのに」
と呟いただけで美魚を責めなかった。
もしこれが安魚の仕業だったら、美魚は目を三角にして何時までもネチネチ文句を言ってしまうだろう。
雨のなか、購入した3331アーツ千代田内のロモグラフィのお店に行く。
保証書には落下による故障は保証外と明記されていたので、まあ実費だなあと考えていたが、お店のかたは
「保証期間内ですので」
とあっさり新品と交換して下さった。
それとレンズに光の輪が入ることも話して見ると、それも交換の対象とのこと。しかもまた保証書を発行して下さった。
アフターサービスの良いことにすっかり感心してしまいました。
何かを壊すと気が滅入る。失敗する自分に嫌気がさす。取り返しはつくのに、何故だろう。買ったばかりというのもある。漁太郎は責めないというのに。責めないから許された訳でもないだろう。しかし、全て杞憂である。ちゃんと新品が手にはいったではないか。引き寄せか?
単にお店のご厚意である。
ぼんやりしていたらまた落としてしまう。気をつけよう。でもまた交換して頂けそう…。

こども園の申込み書

f:id:mauymiuo:20171017081911j:plainついにこの日を迎えたと美魚は思う。こども園の30年度4、5才児短期保育の申込み書が配布された。雨の中、傘を差してこども園に申込み書を貰いにいく。11月に申込み書の提出、抽選、面接と続く。
抽選でまず内定の順位を決める。募集は15人である。どのくらいの応募者があるのだろう、年によってまちまちという。募集に満たない場合抽選はなしで、面接になるそうだ。安魚が抽選に漏れるとは考えない。100人の中の15人に入れる子供だ。根拠はない。
安魚は3歳。楳図かずおの14歳をいつも連想してしまう。子供選びの章で、3歳の運のいい子供を300人集めることになり、苛酷なテストを受けさせる。優秀かつ運のいい子供を選びだし、宇宙へ旅立たせるお話しである。20代で読んだときは3歳なんて赤ちゃんだろ、バブバブ言ってるようなやつらが銃をぶっ放つなんて有り得ないと考えていたことである。実際有り得ないのだが、本物の3歳に触れる機会を持ってみると、いざとなれば訓練次第で出来そうだとも考える。
安魚はこれまで親元でぬくぬくと過ごし、来年ようやく外の世界に連れ出す4歳を迎える。1年送らせたことは結果として大正解であった。安魚との濃密な日々はゆたかで、のんびりして、楽しかった。漁太郎が仕事を辞めてからは人生で今が一番ゆたかなのではないかと思ったりする。夕べの満員電車に安魚とシルバーシートで申し訳なくものんびり座ってる時、不労世帯の私たちの自由と豊かさをしみじみ思う。目的のない外出や、散歩は楽しい。
あーあ、それももう終るんだなあ。安魚は幼稚園に行ってしまうのか。
絵はもう少し集中できるかも知れない。

代々木八幡宮

f:id:mauymiuo:20171010092740j:plain代々木公園からブラブラ散歩して、たまたま車口があったので、代々木八幡宮にお詣りをする。
いつでも参拝の人がちらほら途切れない神社である。初詣シーズンでは、渋谷行きのバスから見るとものすごい長蛇の列で驚く。今日は祝日でもあり、それなりの参拝客であったが、ひっそりした印象を受ける。
美魚がお詣りをしている間、後ろで参拝を待つ人がいる。何となく参拝なれした人ばかりだな、と思う。
こちらを参拝されるかたは、他人の横に立ってこないようだ。
大小関わらず神社などにお詣りにいくと、ぐいぐい空いてるスペースに入って参拝する方がよくいらっしゃるので、気が散る。
だが、こちらのお詣りはゆっくり済ませることができた。
御簾を神主が降ろす所で、丸い光が見えた気がした。ご神体の鏡だろうか。
境内をお詣りして、最後に富士塚に頭を下げる。
美魚は前回大山にお詣りした。大山と富士山は親子の神様が祭られているので、両方コンプリートすると良い、と、後から知った。富士塚に登ると富士山に登ったことになるそうだ。いつか富士山、と考えていた美魚だが、
ふらりと立ち寄った代々木八幡宮でその希望が叶い、不思議な気がすることだ。
八幡宮は心願成就をさせて下さるとのこと。
美魚の一連の願いがここで成就するだろう、と感慨深い。
最後に鳩みくじをひく。
大吉。
大吉が続くので大吉しかないような気がする。安魚が真似して引きたがる。
安魚は、吉。
おみくじにはかわいい鳩ストラップつきである。
漁太郎が毎日家にいて、3人で昼寝したり実に呑気に暮らすこと一ヶ月。
髭を剃らない漁太郎のルックスは、生え始めの昭和の泥棒さんから、尾崎紀世彦ふうに変貌した。髭に白髪が混じるのも妙味である。